• Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸

公益財団法人 スペシャルオリンピックス日本
Copyright © Special Olympics Nippon Foundation All Rights Reserved.

Proudly created with Wix.com

Supporter

(大会サポーター)

阿部雅司.jpg

大会アンバサダー / 1994年リレハンメル五輪 複合団体金メダリスト

北海道留萌郡小平町出身のスキーノルディック複合の選手。

1990年代に活躍し、オリンピックおよびノルディックスキー世界選手権の団体戦で3度金メダルを獲得した。1994年-1995年シーズンをもって引退。引退後は2014年ソチオリンピックまで20年間日本代表コーチを務め、現在は北海道名寄市の特別参与に就任し、冬季スポーツの振興を行っている。

阿部雅司

MASASHI ABE

image2.JPG

SONドリームサポーター / 2007年ミス ユニバース

静岡県静岡市出身の振付師、ダンサー、モデル、タレントである。

2007年度ミス・ユニバース・ジャパン及びミス・ユニバース世界大会優勝者。ニューヨークを拠点とした、プロジェクトサンシャイン、レッドリボン等のチャリティー活動に参加。2008年7月に帰国。2009年4月、母と共に地元にダンススタジオ「IRMダンスアカデミー」を設立。現在ダンスアカデミーのアーティスティックディレクターとしてダンス&ビューティーの指導をしている。

森理世

RIYO MORI

安藤美姫さん_宣材写真.jpg

SONドリームサポーター / プロフィギュアスケーター /

トリノ・バンクーバー五輪出場/世界選手権優勝2回

1987年生まれ。愛知県名古屋市出身。

2006年にトリノオリンピックに出場、翌2007年には世界選手権で初優勝を果たした。2009-2010シーズンには、グランプリシリーズ ロシア杯、NHK杯と連続優勝、バンクーバーオリンピック(2010年)に出場し、5位入賞。

現在はプロフィギュアスケーターとしてアイスショーやスケート教室などに参加する他、スペシャルオリンピックス日本のドリームサポーターを務めるなど、社会貢献活動にも積極的に参加している。

安藤美姫

MIKI ANDO

SONドリームサポーター /

2010年バンクーバー五輪 フィギュアスケート出場

 

愛知県名古屋市出身の日本の元フィギュアスケート選手

主な実績に2010年バンクーバーオリンピック8位、2011年世界選手権2位、

2008年GPファイナル2位、2010年全日本選手権優勝、2006年世界ジュニア選手権優勝など。

小塚崇彦

TAKAHIKO KOZUKA

大会サポーター/

カーリングチーム「一般社団法人ロコ・ソラーレ」代表理事

 

北海道常呂町(現北見市)出身で12歳の時にカーリングを始める。

2006年に「チーム青森」のメンバーとしてトリノオリンピックに初出場し7位となり注目を浴び、2010年のバンクーバーオリンピックにも出場し8位となり、2大会連続入賞を果たす。同年8月、出身地の北見市で新チーム「ロコ・ソラーレ」を結成。

2016年3月に行われた世界選手権にて銀メダルを獲得するなどチームとして成長していく。2018年2月のピョンチャンオリンピックでは、日本カーリング史上初のメダルである銅メダルを獲得し脚光を浴びた。本橋は、選手たちを牽引する姿勢やリーダーシップが注目を集めた。

2018年夏に選手休養を表明し、一般社団法人ロコ・ソラーレを設立。現在は代表理事としてチーム運営、育成チームのコーチをし、チームを支えている。

本橋麻里

MARI MOTOHASHI

大会サポーター/ 元アルペンスキーオリンピック代表

冬季オリンピック 1988年カルガリー・1992年アルベールビル・1994年リルハンメル大会に出場。日本人では珍しくスピードのある滑降を得意とし、日本女子最高位記録を持つ。オリンピックでは、11位。1989年の世界選手権では、5位、1993から1994シーズンワールドカップ3位。1994年引退後は、スポーツキャスター、解説者、コーチ、スポーツ普及等の活動。1995年から現在に至るまで20年以上、地元札幌で特別支援学級の中・高校生対象のスキーレッスンを開催。その中からスペシャルオリンピックに出場している選手もてでいる。

川端絵美

​EMI KAWABATA

Support TEAMS

(大会応援チーム)

大会サポーター/ 

株式会社コンサドーレ コンサドーレ・リレーションズチーム・キャプテン(CRC)

幼少期よりサッカーを始め、埼玉・西武台高校時代はインターハイ準優勝など、全国大会で活躍。高卒新人として1997年に浦和レッズに加入。2003年に横浜F・マリノスに移籍。その年にJ1リーグ優勝を経験し、2004年はJリーグチャンピオンシップで決勝ゴールを決めるなど、チームの2連覇に貢献した。その後キャプテンを務めるなど主力として活躍し、2011年に北海道コンサドーレ札幌に移籍。加入初年度から5シーズンに渡ってキャプテンを務め、若手主体のチームに豊富な経験や高いプロ意識を伝えた。札幌では2度のJ1昇格に貢献し、2018年限りで現役を引退。22年間のプロサッカー生活に別れを告げ、2019年2月よりクラブ職員へ転身。コンサドーレ・リレーションズチーム・キャプテン(CRC)として、企業、行政、サポーターとクラブをつなぐ存在として奔走している。

河合竜二

RYUJI KAWAI​

大会サポーター/ エスポラーダ北海道 監督

北海道札幌市出身。フットサルの前身 サロンフットボールの日本代表として国際大会にも出場した経験を持ち、2008年に設立されたフットサルチーム「エスポラーダ北海道」の初代監督に就任。日本フットサルリーグ(Fリーグ)に参戦して11年が経った現在もチームを率いている。道産子選手で構成しFリーグでの最高順位は4位、そして5人の日本代表選手を輩出している。2012年にはサッカー界のレジェンド Jリーグ横浜FCの三浦知良選手がエスポラーダの選手として電撃参戦した際も指揮を執り勝利を収めた。熱く貪欲に勝利を追い求める一方で、小学校訪問を含めた子どもたちのイベントや障がい者の方への支援活動にも積極的に参加するなど地域貢献活動へも尽力する。

小野寺隆彦

TAKAHIKO ONODERA​

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now